紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS JFAガールズ・エイト京都予選

<<   作成日時 : 2009/07/05 21:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 今朝早く,第1日目の様子を書き込んだのですが,うっかり保存しないで別の操作を行い原稿はパー。「最近アップしてないじゃん。」と選手たちにも指摘されています。ご勘弁のほどを。

 さてJFAガールズ・エイト京都予選です。第1日めは初戦が鍵だと思っていました。みなみかぜの選手のうまさはわかっていたので,いかにシュートチャンスを数多く作るかが今後にもひびきます。ワンチャンスをものにでき,1−0の辛勝です。でも,この結果は大きいと思っていました。

 ロッソには5−1で勝利。しかしみなみかぜはバニーズを破りました。明日のバニーズ戦に敗れると得失点差で3位という可能性もあり得ます。

画像


 そんな状況の中,バニーズ戦がキックオフされました。昨日とちがい全員のスタートが速く,サッカーとしていい展開のゲームでした。0−0の引き分けで,勝ち点7で予選リーグ首位を守りました。

 「FWの守備面での追っかけ」が必要ということで,前の選手をころころ入れ替えました。競っているゲームでは普通はしないことです。アイスホッケーみたいに,短時間思い切りプレーした後交代して休み,リフレッシュしてまた4,5分思い切り走りまわる。こういう形で戦うことは,事前に決めていました。ころころ交代しても,チームのペースが乱れないことは先週までで確認できていましたからね。(今日もそうでした。)試合後にも言いましたがEさんの前方スペースへ飛び出していくプレーは『バリバリに効いて』いました。

画像


 準決勝は,城陽戦です。「大ミスがなければ勝てる。」と読んでいました。ただ交代枠がないため,先ほどの戦術は使えません。「ゆっくりしたペースなら,チャンスは少なくなる」と予想していましたが,事実そうなってしまいました。(夏場の試合はやむを得ないのですが)Jさんらしいシュートが決まり,1−0で勝利することができ,関西大会出場は決まりました。ただ課題もはっきりしました。

 ・サイドのスペースに入った選手が意識してグッドボディシェイプで受ける。
 ・GKのロングボールの処理。
 ・Hさんが攻めに加わった時の確実なサポート。

 ボディシェイプについては急務です。,試合後時間を取って話したので,イメージはつかんでくれたでしょう。後1月で仕上げますよ。

画像


 写真は決勝戦を1−1で引き分けた後のPK戦で優勝が決まった瞬間です。そう優勝できました。決勝戦はみなみかぜとの再戦です。こちらもそうだけど,みなみかぜも勝って関西に弾みをつけたかったでしょうね。「中盤で前を向いたら一気に持ち込んでシュートまで行こう。」がむこうのゲームプランのようでした。

 私はホッとしました。相手のボール扱いのうまい選手たちが,そのよさを活かして突破し,ギリギリまで貯めてポンとラストパスを出すというイメージでゲームプランを組んできたならズタズタにされる可能性も高かったのです。

 それでも厳しい試合運びになるのは,覚悟の上です。みなみかぜのスピードある中央突破を止めるには2人のディフェンダーが,ゾーンにいいグッドシェイプで待ち構えていなくてはなりません。Dさん。ありがとうね。相手の決定的チャンスの芽を,伸びる寸前を悉く(ことごとく)消してくれて。Hさんありがとうね。いつも,よく動くなぁ。貴方は北上のロベルト・カルロスです。(誉めてるんだけど分かるかなぁ。)Hさんの得点は貴方の持ち味を活かしたいい得点でした。あの時間に追いつくゴールは値千金です。前半を同点で折り返せなかったら・・・・・・厳しかったかも・・・・・?

 PK戦は,いつも言うとおり試合ではありません。次のステージを進む者を決めるための儀式みたいなものです。ですが,勝ち進むには,技術と度胸と幸運が要ります。

 ・Dさん。PKのお手本でした。弾みを付けてくれました。
 ・Hさん。外したのもいい練習。次はどう蹴ろうか?誰も貴方を責めないよ。
 ・Jさん。貴方らしいキック。迷いのマの字もなかったところがいいね。
 ・Cさん。いいGKになれます。至近距離でコースの変わったシュートにきちんと反応できるタイプのキーパーになりますよ。

 PK戦の参加した選手のコメントをしるしました。でも今年のチームのいい所は,全員の力の結集で試合を創っているところです。毎年の北上が好きだけど・・・・。今年の北上も大好きだなぁ。

 というわけで・・・・こんな笑顔になりました。

画像


 写真にも写っている旧LWさんがきてくれ,ベンチワークを助けてくれました。ありがとうね。それに昨年度のFamiliesのみなさんが大挙応援にかけつけてくださいました。懐かしい掛け声いっぱいでうれしくなりました。選手たちも同じ思いだったでしょう。遠いところまで暑い中,本当にありがとうございました。昨年のこの大会でも,1−0で決めた決勝戦の様子が目の当たりのように甦ってきました。

 皆さんは祝勝会で盛り上がり終えたころでしょうか?私は,明日の会議にかける資料作りを8時くらいに終え,夕食後このブログ作製にたどり着きました。よし終わった!今から祝杯です。乾杯!

 

 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JFAガールズ・エイト京都予選 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる