紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS JFA 関西ガールズエイト(U-12) サッカー大会 IN 和歌山  第2日 敗者復活戦

<<   作成日時 : 2009/08/11 07:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 選手たちは気持ちを切り換えて,昼食に向かいます。昼食と言えば今回は,familiesのみなさんに完璧と言ってもいいくらいのサポートをしてもらいました。おうどん,おにぎり,果物,それに各種のドリンク・・・・。感謝しなくちゃ。ありがとうございました。

 さてBEST4に残れなかった4チームは,最後の1枠をかけて2試合を戦わなくてはなりません。北上以外の3チームは和歌山,みなみかぜ,姫路です。まずは和歌山ガールズとの対戦です。

 
画像


 「今年の和歌山は例年より小ましですよ。」は和歌山協会の役員さんの言葉です。地元開催ですから,当然でしょう。

 いきなりでびっくりしました。立ち上がり1分です。Hさんが左サイド深くえぐって,角度のないところから豪快にネットを揺らしました。かなりスゴイね。続いて右からのいいクロスをIさんが,GKとからんでこぼれたボールをすかさず決めました。いい追加点です。時間帯もいいし,得点の質もいい。相手のモティベーションが一気に下がります。

 「右ウイングのBさんへのボールが出にくくなってるから,トップのEさんとポジションチ ェンジしたらどうだろ?」
 「ええ。今日のEさんは,外側においても十分いいプレーできると思います。それがい いと思います。」
 「Bさんにも,得点して自信つけてほしいもんな。」

 前半終了間際のベンチでのmaコーチと私の会話です。その通りのポジションチェンジを行い,後半開始です。そしてBさんが中央から抜け出し綺麗にゴールへ流し込みました。そうベンチも冴えていたのです。誰も言ってくれないので,自分で言いますが・・・。

画像


 さらに相手のファウルでPKを得ました。PK戦で2回外して,かなりPKトラウマになっているだろうHさんを,わざわざ指名しました。左上に見事決まります。うまいやんか!入る時は何でもないでしょう。

 今大会はPK戦以外に三つもPKを経験しました。ふだんあまりできないので,よい経験だったと思います。理由はレフェリーがきちんとしていたことがあります。自信のないレフェリーはPKを吹くのをかなりためらいます。まして子どものゲームなら「かわいそうだから・・。」の思いとからんで,PKが宣告される機会は殆どありません。

 PKのホイッスルを吹かれることによって,選手は正しいタックルを覚えていきます。(今回PKをとられた選手のプレーが悪いと言っているのではありませんよ。絶対に。)そしてルールの精神を身につけていきます。「そこでファウルいらんぞ!」というGKやDFの指示はゲームの流れを読まないとできません。PKに学ぶことも多いのです。

 見事4−0での快勝です。北摂戦の後に,こんなゲームができる選手たちは,また一つ階段を上ったと思います。すごいなぁ。『貴女たちはアホじゃないけど,ひきずりませんね。本当はかしこいからですよ。』

 

 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JFA 関西ガールズエイト(U-12) サッカー大会 IN 和歌山  第2日 敗者復活戦 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる