紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS 第19回三重招待少女サッカー大会

<<   作成日時 : 2009/10/27 04:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 来年で20回を迎える三重招待に今年も行ってきました。鈴鹿サーキット近くの会場で例年行われていますが,今年は周囲の樹木の色付き具合が深かったようです。

画像


 残念ながら,初日は得点が奪えず決勝トーナメント進出はなりませんでした。ファーストゲームで得点できていたら,流れは大きく変わっていたでしょう。今回は1点の重みを体感できたのが,大きな収穫と言っていいでしょう。

 初日3試合目の静岡戦から,全員が機能する試合運びが戻ってきました。一人ひとりのプレーがシュートに繋がる芽になったり,相手の攻撃の芽を摘むきっかけになったりしています。これらは常に「いいゲームの条件」だと考えています。

 印象に残ったゲームは,2日めの豊田戦です。相手もこの試合を自分たちのものにしようと一生懸命でしたし,北上がゲームをやや支配しながらも膠着状態の続く緊迫したゲームでした。

 「こういうゲームで競り勝つ経験をしてほしいな。」と感じました。ハーフタイムで,メンバーの交代は殆どしないでいくことと,ゲームの進め方のイメージを伝え,後半を迎えます。

 緊迫感を保ちながら,Jさんの左足からのボールがネットを揺らしました。私の時計で15分16秒でした。再開のキックオフを待たずにタイムアップです。こういう勝ち方もチームを育てていく大切な要素です。みんな嬉しかったと思います。

画像


 決勝は名古屋とラックです。写真は名古屋の1点目が決まった瞬間です。この2チームは確かに他チームより抜きん出ていました。でも皆さん。この2チームと互角のゲーム運びをする力はあるのです。今までの経験を思い出すとそうでしょう。

 新型インフルエンザの影響を多くのチームが受けました。北上もそうです。「そのシーズンのベストゲームを創ろう」という毎年の今大会でのめあてを設定するには,少し無理があったと考えます。このめあては全員のコンディションの整った時期に再設定しましょう。

画像


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第19回三重招待少女サッカー大会 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる