紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS 信楽カップ

<<   作成日時 : 2010/05/31 05:26   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 いいお天気です。今日は信楽カップに行ってきました。最初案内を頂いた時,「紫香楽カップ」が,なぜ「信楽カップ」に変わったのかと思いました。組み合わせを見ると,層層たるチーム揃えです。大会がぐんとグレードアップしていました。

画像


 カップも,グレードアップしましたね。カップ及びトロフィーフェチではないのですが,このカップはいいなぁ!

 ファーストゲームは,地元紫香楽です。いいチームになっていました。北上も悪くはないのですが,単調な攻めの裏を突かれました。北上の課題が明らかになったゲームと言っていいでしょう。

 第2試合はAOMIと対戦しました。結果は0−1の敗戦ですが,いい流れのゲームでした。AOMIもいいチームだし,北上のサッカーも今日のメンバーならベストに近い出来です。「敗れても,いいゲーム」はあるのです。そう。Good Game!

画像


こういうゲームの積み重ねと経験が,いい選手といいチームを創っていきます。今日はいい日でした。

 さて,後は「得点」の積み重ねが,自信を作っていくと思います。今年のチームの得点パターンがどうなっていくのか,とても楽しみですね。

 昨年のチームはいろんな形で,得点できるチームでした。今年のチームも,そうなると思います。

 でも,はっきり言えることが一つあります。

 「今年のチームは,去年のチームとは違う!」ということです。いろんな意味でちがいます。みなさんの顔が一人ひとり違うように,チームも毎年変わります。それでいいのです。

 その中で,チームカラーを効果的に出していく。難しいことですが・・・,とても楽しいことです。

 私は,花にはあまり心を奪われないヒトなのですが,一昨日「綺麗だな。」と思わず写真を撮りました。

画像


 あるところで見つけた菖蒲(だと思うのですが?ちがいますか?stママ?)です。自然群生していて紫と緑のコントラストが,本当に綺麗でした。やはりチームカラーに目がいくせいでしょうか?

 最後に,今日よかったなと思うことや,感想をいくつか紹介して終わります。

・Fさん久々の登場ですが,8人制で十分真ん中が出来ることが確認できたこと。
・Hさんが日に日にうまくなっていること
・Cさんが,いつも子どもらしいつぶやきをすることを実感しました。
・4年生3人のベンチワークが,だんだん様になってきたこと。
・IさんDさんのきらめきが,垣間見えたこと。

 まだありますが,これくらいにしておきます。特筆すべきは,kedパパのレフェリングです。
 
・いつもプレーに近いところで見ている。
・オフサイドをオフサイドラインで見ている。(しんどいことですよ。)
・大事な場面での,笛の音がとても大きいこと。

 ちょっと感動モノですよ。

 今日も楽しかったです!
 


 


 







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日は寒いのに日差しが強く、コントロールの難しい(親は)一日でした。
ちょっとずつ、今年のチームになって行ってる感じが毎回します。
今年のカラーは、気がついたら色ずいているんでしょうねぇ。楽しみです。


花は、菖蒲の種類だと思うのでうすが
菖蒲なら、花びらが少しふわぁ〜と下がっているのだと思います。少しピンとなっているのなら、イチハツではないでしょうか。
菖蒲の中で一番に咲き出すので「イチハツ」(いちばんの、おはつ)だと言うそうです。
この辺りでは、ゴールデンウィーク過ぎあたりが満開ですが、咲いているのが山だと言うことで・・・時期的にはそうかなぁと思います。
これは満開になったら見ものですね。
満開に出くわされましたら、是非とも再度シャッターをお願いいたします。


su-chi-mama
2010/05/31 14:05
もう足があがらないけど、走らねばと感じたのは何年ぶりでしょうか。かんとくに評価いただき光栄です。はい、仰せのとおりです。頑張りました。
理由は3つです。@選手時代『ちぇ。審判よく見てくれよな〜』って心の中で何回唱えたことでしょう。Aしかもラック対名古屋戦は、自分的に本日のメインイベントです。北上の肩書きで参加する以上は...一蹴入魂!ってサドンデスまでいくとは。これもまたgood gameBそして主催者である紫香楽のコーチは学生時代の先輩でした。恩返しというか、いまだに恐怖心がというか。いずれにせよ、さぼれません。

^^おまけ。間近で見ても両チームの勝率には納得。でも課題もあります。彼女達がこれからやろうとしているサッカーも肌で感じることができました。さて、これらの分析結果を自宅で寝そべっていたKEDコンピューターにかけてみましたら・・・「キタカミカテルヨ。イケルヨ、ギリでネ。」
kedちち
2010/05/31 20:42
su−chi−mamaさん。ありがとうございました。そうですか。菖蒲にもそんな種類があるのですか。私は理科も得意分野ですが,植物はダメです。でも,花はきらいではありません。「いつでも花を」は好きな言葉です。
現場監督
2010/05/31 22:16
kedちちさん。ナイスレフェリーでした。あれだけ近くで見られたら,文句言えないですよ。ま、どちらの監督も文句言うヒトではありませんが。私はおかげ様で,子どもたちだけに関わることができました。レフェリーが,選手を育てる側面も見逃せませんね。
現場監督
2010/05/31 22:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
信楽カップ 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる