紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本代表初戦突破

<<   作成日時 : 2010/06/15 00:58   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

 今,日本VSカメルーン戦が終了しました。1−0で日本勝利です。皆様おめでとうございます。

 私の予想は見事外れました。別に悔しくもないですが・・・・。一言だけ。

 カメルーンが悪すぎましたよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
やはり子どもと素直に喜びたい
ず〜と松井が、仕事できずに、代表入りも危ないかと思っていましたが、スタメン入りと聞いて、子どもたちも「お〜」と喜びました。
京都出身と言うだけで、応援してしまってますが。

本田に注目している娘に、得点したと起きてきて言ったら、今日は一日学校でも大騒ぎだと思います。

とにかく勝ち点3取りました
いやいや・・
2010/06/15 05:00
どうぞ歓喜なさってください。そこまで個人の好みの押し付けはいたしません。私も後半20分過ぎから「今日のカメルーン相手では,勝たんとアカンやろ。」と思っていました。カメルーン敗退の原因は,チーム内の内紛,部族間の争い,アフリカチームの持つ伝統的な弱点(解説すると長くなります。)くらいかなと憶測しています。とりあえず,オランダに負けてもデンマークに勝てば・・・という状況は有利です。やはり第1戦は大事です。
現場監督
2010/06/15 21:11
カメルーンのムビアが放ったミドルシュートは
何とかクロスバーで救われました。
唯一の好シーンだったでしょうか。
日本がラインを下げすぎたからああなるんです。
その法則は代表も北上も同じ。
(遠藤選手だけは、最後までバランスを保とうとしてました。)
ロングボールを放り込み出したカメルーンが、再び
日本の肝を冷やしたシーンは、ジェレミからのセンタ
リングでした。
タテに放り込むより、やっぱりサイドからの攻めが
効くという証明でしたね。
これもまた、北上でもいえることだと思います。

さて、コートジボアール対ポルトガルがそろそろ。
KEDのアイドル:ドログバは出場するかな?
KEDはその他にエムボマ(元カメルーン・ガンバ大阪)も好きなんです。
ともにアフリカ系の爆発的なストライカーですが、他の
選手には全く興味を示しません。

イケメンに惑わされていないのを喜ぶべきか、そもそもああいうのがタイプなのか・・・
mn
2010/06/15 22:06
mnコーチ。いらっしゃいませ。ラインの上げ下げについては,高学年選手には,その意味と効果は理解してほしいもののひとつです。2人で相談して,「こういう場面では,全員で押し上げる。」みたいなイメージを具体的に伝えていきましょう。小学生選手に伝えるには,その方法がむずかしいです。北上にとって,最善の伝達方法を工夫してみましょう。
現場監督
2010/06/16 04:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本代表初戦突破 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる