紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010 JFA 関西ガールズ・エイト(U-12)  フレンドリートーナメント その1

<<   作成日時 : 2010/08/18 05:03   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

 さて2泊目は「文一」さんという古い旅館です。選手諸君。いろんな宿舎を経験しておくこともいいことですよ。少し離れていたけれど,銭湯も快適でしたね。

 大会2日目は,フレンドリー戦になりました。前夜のミーティングで「いつも通りのやり方でいくよ。」と選手には伝えていました。つまり,「勝利」と「全員出場」を両方狙う贅沢なやりかたです。

画像


 対戦相手は木津SCでした。水色と赤の鮮やかなユニフォームを身に纏っていました。あまり対戦経験がありません。こういう時は慎重に入る方がいいのですが,私は楽観していました。北上は,所謂「気合の空回り」の殆ど無いチームです。理由は,ようわからんのですが,私のやり方がそれを産まないのだと,勝手に思っておくことにします。具体的なことは,当然企業秘密です。

 3−0で勝利することができました。Cさんが2点決め,もう1点はsu-様がらみのオウンゴールです。関西G8において,相手のオウンゴールが二つもあったことも,チーム史上初です。前日同様,相手のミスでなく,たまたま相手が最後にチョッとサワッタだけのことです。

画像


 大会に備えて,今回もこれをバッグにしのばせていました。iwtDr兄のアドバイスによるもので,要するに疲労回復のためのクエン酸を摂るということです。「スペシャル」が飲みにくいヒト用にと考えました。しかし,酸っぱいものが駄目なヒトは,どちらも駄目みたいでスッパイでした。好きなヒトは大好きで,群がってくるのですが・・・。

 さて準決勝の相手は,北摂です。毎年毎年いいチームです。年配の女性監督というところから素敵です。この監督女史と立ち話をしました。

 星取表を前にして,
 「このゲームどうされますか?」と私。
 「覚醒させたいんです。」と女史
 「わかりました。」と私。・・・・・なんのこっちゃわかるかな?

 要するに,ゲームプラン変更です。「いつものやり方」を捨てて「がちんこ」で行くということです。その方針を選手達に伝えました。

 私は,このゲームが一番心に残っています。今回チームの化けた面が,はっきり映し出されたゲームと感じるからです。サッカーの魅力を存分に反映した好ゲームでした。ですから,写真を撮るのを忘れて魅入っていました。ゴメンなさい。

 北上の得点がそれを象徴しています。相手のシュートがゴールポストを叩き@さんがキャッチ。その数秒後にFさんの豪快なロングシュートが決まっています。エキサイティングです。アンビリーバボーです。WOW!です。

 Cさん〜Fさん(だったと思う)に縦に繋がった決定機の一つも圧巻でした。最早ワールドレベルと言っていいくらいでした。ゾクッとしましたね。

 これらはProfessorのトレーニング効果です。しかし,あんな形がたくさんできるとはねぇ。びっくりしました。君達はすごい!

 勿論,課題もあります。守備面です。これは,これからボチボチ修正していきましょう。

 1−1の引き分けに終わり,PK方式です。3人制です。HさんFさんがきっちり決め,相手が2人続けて外して試合終了です。

 ところで,この時点で,決勝トーナメント決勝が葛城VSヴィトーリア。そして,フレンドリートーナメント決勝が北上VS西宮です。すべて予選A組ではありませんか?

 このA組のことをチームの歴史に刻むことにします。呼び名は「死のA組」ではなく「志のA組」ということにしましょう。

 レポートすることが多すぎます。フレンドリー戦決勝等については,次回にいたします。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。
あのF−C−Fのシーンですねぇ。
『おおっ』とうなりました。
『どんどん良くなっている』『もっと何か
できる』というような声かけはしましたが、
いきなりそんなプレーだなんて。

他にも盛りだくさんでしたが、これらは、
I父様がデータを下さるそうで、振り返りが
本当に楽しみです。

確か、この2試合目は@さんが神がかり的な
セーブを連発してたような気がします。
PK突入の瞬間『こりゃ勝ったな』と思いまし
たから。

この試合の時点で、控え選手の準備やハーフ
タイムでの動きも大きく進化していました。
試合に出る人、出る可能性のある人、出なさ
そうな人が、それぞれ自分の役割を果たそう
と懸命になっていたということです。
後輩から、○○ちゃんハイ。△△ちゃんハイ。
って手早く濡れタオルを渡されたり、ドリンク
を手早く並べてもらったりしたら、先輩お姉さ
んが結果を出さない訳がないですよね。

あと、機会があればたっぷり書きますが、I
さんが、これまたひっそりと獅子奮迅の活躍
を見せたゲームでもありましたね。
リカルド・カルバーリョの再来です。
ちなみにHさんはルシオ。
Iさんはメルテザッカー。
私が密かにつけたニックネームです。私が好き
なワールドクラスのDF達です。
kedちち
2010/08/19 01:09
間違えました。
メルテザッカーはJさんです。
基本に忠実で責任感が高い選手です。
危険な場面で体を張ることができます。
ときおり見せるロングフィードは効果的です。
だから、Jさんです。
kedちち
2010/08/19 02:03
とにかく,「よく育ったな。」の一言ですね。ベンチも素敵でした。他にも一杯素敵なことが多かったのですが,ブログはハッキリ書けないのでまどろっこしいです。さてメルテザッカーとルシオを私は知りません。今度教えてください。
ミステル
2010/08/19 04:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
2010 JFA 関西ガールズ・エイト(U-12)  フレンドリートーナメント その1 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる