紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS 第21回 三重県少女招待サッカー大会 第2日

<<   作成日時 : 2011/10/23 21:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 朝,4時半に目覚めました。とりあえず,私が普段通りのペースで動くことが大切。携帯目覚ましより,早く自己覚醒できたことが大事。幸先よし。

 選手たちも,6時の散歩に合わせて動けているようだし,天気も問題ないような様子。朝の散歩は,超チッチャイ子たちが,毅然とチーム行動していたので,大変締まったものになりました。

 私の錆びてきた第6感でも,いいゲームの予感十分でした。いいゲームは間違いなくする。勝敗については,未知数ですが。勝てば決勝までいくだろうと踏んでいました。

画像


 静岡青組さんとの準々決勝です。質の高いサッカーができました。Professorは,いつもの試合前の話し方でサラッとチームに語っているのですが,実は難易度の高いことです。

 それを具現したことが,すごいことです。0−1で敗退が結果ですが,とても中身が濃いゲームでした。力のあるチーム同士が,ド真剣にぶつかった時でないと出ないオーラが出ていましたね。

 1点を先制されたハーフタイムでも,スタッフの言いたいことは「後半も,今の守備を続けること」に集約されると思います。

画像


 語ると長くなりますし,Professorの言葉の妨げをしたくないので,詳述は避けます。敢えて名づけると「Active defennce」ができたということです。

 鳴門赤組さんとの次試合は,危なげなく勝ちあがり,名古屋橙組みさんとの5,6位決定戦です。インターバルが少ないので,着替えと簡単なエネルギー補給で時間は潰れます。

 
画像


 春の古城カップ0−8の敗戦以来の対戦です。エクサイティングなゲームができたと思います。結論から言うと,「質の高いゲームの中において数少ないチャンスをどうものにするか」が次の課題でしたから,実力に勝る橙組さんに相手にあわやというシーンを作れたことが,収穫です。

画像


 1−2の敗戦ですが,どっちゃでもええんです。今日は中身に満足。攻撃の芽が見えたことが収穫。さて,6年生諸君。敢えて5年生は外します。今日の青組さんと橙組さんとのゲーム「面白かった。」と感じられたかな?そう感じられたなら,嬉しいですね。次の高いステップに上がれます。

 ところで,橙組さんのカントクさんは名監督です。私も,やっとサッカー仲間として扱ってもらえるようになったくらいです。ゲーム終了後「守りきったな。」(後半のこと)とニコッと笑って一言くださいました。めったに相手さんを褒めない人ですよ。

 最後に感謝。

 @いつもながらFamilliesの皆様。これも詳述しません。ただ,感謝。
 ANMBAコーチ。地味なサポート。感謝あるのみ。私とProfessorがいらない神経使わなくて済むのは大きいのです。これもチームプレー。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様でした。
アクティブディフェンス。
そういう表し方もありますね。なるほどです。

昨晩のミーティングで北上ノートを追加しました。
その中身が何人かにはうっすら入ったようです。

あのクラスの相手に、じっと耐えて守るのは
至難の技です。
コーチングも多くなりましたが、CB2人の
がよく考えてプレーしてくれました。
両サイドバックの上下動と10、6コンビの
献身が予想以上の出来栄えでした。
KEDちち
2011/10/23 23:35
 これからの本格的なシーズンにむけて,いいきっかけのゲームができました。今年の「ゲームの中で教える。」というめあてが,形になってきています。心の持ち方で,いい話があれば,どんどん紹介してやってください。「むらさきちきぶ」で書かれた出来事(松阪戦主審時)とほぼ同じことをした選手が,北上にもいました。機を見て具体的に話すつもりです。仲間を大切にすることにも繋がると思いますので。
ミステル
2011/10/24 06:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
第21回 三重県少女招待サッカー大会 第2日 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる