紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS 北上緊急回覧板

<<   作成日時 : 2011/10/25 20:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 「むらさきちきぶ37」のProfessorの感動体験をお読みください。私からの視点を加えると・・・・。

 ・かつて北上にも全く同じことをした選手がいた。
 
 ・今のチームに欠けている要素の一つです。

  潮時を見て話そうと思っていたことが,とても卑近なところで起きていました。また,いずれ,くわしく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お引き立て頂いたのでもうひとつ思い出しました。

このゲームメーカーは終始にこやかでした。

正確には、にこやかでいられるようにプレーした。
でしょうか。
KEDちち
2011/10/25 22:46
 私もつらつら思い出しました。そういう子は一人ではなかったですね。私が北上に関わりだした前半の方は,程度の差はあれ,常にそういう雰囲気を持った子は,結構いました。今からでも遅くない。そういう子も育てていきたいものです。
ミステル
2011/10/26 04:51
初日の試合で多くの得点が必要な中、ツヅがFWで出場。親の立場でドキドキしました。

キャプテンもゴール量産が必要とわかっているのに前線のツヅにパス。

結果はダメでしたが、大きな声でアドバイスをしていました。
親がテレビやビデオで指導しても余り理解してくれないのに、キャプテンの一言はよくわかった様子で、今後の成長に期待しています。

身体の成長の早さや、学年、能力の違いはあるけど今のメンバー全員で北上というチームなので、皆で協力してよりよいチームの歴史を築きましょう

NBA
2011/10/26 12:01
NBA様。「子どもが子どもに伝える」これは,大いなるコミュニケーション力です。これを活かす工夫が結構チームを左右します。それを引き出すにはいろんなやり方があっていいのです。Professorは理論派。私は説話派。NBAコーチは何でしょうか?高いスポーツ経験を活かしていただいて,他種目視点派も面白いです。大人には入らないことが,子どもには意外と入るものです。ま,私の思いつきですので・・・・。
ミステル
2011/10/27 22:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
北上緊急回覧板 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる