紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS 第13回 京都女子サッカーフェスティバル

<<   作成日時 : 2012/03/20 19:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ラストゲームです。お天気は上々。準備は,大会役員より設営に詳しい会場管理人さんの仕切りのおかげで着々と行われました。

画像


 最近は,戦術面ではProfessorを信頼して,自分からはあまり話をしません。今日は,最初に「卒団式は23日にあるけど,私にとっては今日が君たちの卒団式です。1年間の集大成みたいな,いいゲームを今日見せてください。」みたいなことを離しました。本音です。

画像


赤組さんとの初戦は,成長してきたRNさんやHNKさんに手古摺りましたが,なんとか勝ちあがれました。そして大事な黄組さんとのゲームです。

画像


 ここで負けたくないという思いは,相手さんもウチの全員も同じでしょう。いい入り方ができています。決定的チャンスも作りながら,前半の前半を支配できました。以降黄組さんも本来の動きを見せてきます。

 1点勝負の雰囲気濃厚な中,待望の先制点です。Fさんの切り替えしてのクロスから,ダイレクトにGさんが決めました。ビューティフルゴールです。1−0で逃げ切りました。

画像


 グッドゲームでした。サッカーらしかったですね。相手さんの決定機もありましたが,守備攻撃共に連動する部分多く,見ごたえありました。

 さて決勝戦前には,インターバルが長くあります。特別協賛の京都モーニングロータリークラブさんと指導者プラスお手伝いの女子大生チームのフレンドリーマッチがありました。

 何を血迷ったか,出ることにしました。ウエイトオーバーと,全くトレーニングしていないことと,年齢を考えると自殺行為なのですが,実は自分があのピッチでプレーすることによって,選手としての距離感を掴みたかったのです。

 最近プレーをほとんどしませんから,忘れているのです。それを思い出したかったのです。これは叶えられました。自分が現役だったころの「これは行く。これは行かない。」を思い出せました。ただし,「これは行く。」であっても体を用心して殆ど行ってませんので悪しからず。

 さて決勝戦です。これもいい入り方をしました。細かい分析は「むらさきちきぶ」にお任せしますが,「相手のこわさを消して」います。このまま前半終わればいいと思っていたら,そうなりました。

画像


 後半の入り方が,ちょっと消極的かなとという中,先制弾を喰らいます。でも@さんが,初めてゲームの中で見せたセーブらしいセーブのこぼれを拾われたものです。その後@さんは,同じプレーを見せてくれます。よかったです。もうこれで,次からいつでもできます。

 @さんは,秋くらいから,これが「練習ではできる」状態でした。大舞台でできてよかったです。ラストゲームで見せてくれるとは気の利いたことです。NMBコーチもきっと喜んでおられますよ。その後,

 Iさんの相手が嫌がるとてもいい守備。Fさんのキープ,チャレンジ,キープ,パス,チャレンジ,スライディングタックルなど大技6連続。Hさんの執念のゴール(みんな喜んでいないで,さっさとキックオフへ戻りました。進歩したものです。)Eさんのクレバーなプレー。Aさん(ベストコンディションじゃなかったけれど,持ち味見せていました。)のいい寄せ。

 など,見せ場を随所に創ってくれました。いいゲームでした。1−3で敗戦ですが,私は今ちっとも口惜しくありません。いいチームを皆さんと一緒に創れたという満足感で一杯です。

 赤組さんには,今年勝てませんでした。でも現時点ではです。身体面,精神面の成長の個人差著しい時期です。いくら,頑張っても勝てないことはあります。サッカーを続けていく6年生が多い中,今後なんとでも変わっていきます。

 少なくとも「勝つために,選手たちの伸びる芽を摘むことはしない。」のを鉄則にしていますから,大丈夫ですよ。

 というわけで,今年のラストゲームも楽しかったです。Familliesの皆様。ありがとうございました。1年間のお礼は,また改めて23日に直接させて頂きます。

 最後に,結局ホッタラカシにしてしまった。フットサル場組さん。ゴメンなさい。でも,いっぱいできてよかったね。



 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第13回 京都女子サッカーフェスティバル 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる