紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS 三重招待 その2

<<   作成日時 : 2012/10/31 21:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 時間表示での映像共有化です。ただし,Professorほどマメにはできませんので,悪しからず。

 VS AOMI 1st

 00,28 Hのクライフ・ターンを使ったウエッジコントロール。見事!

 01,37 ayuの前方ルックアップからのIへのパス。いいです。Iのファーストタッチも悪くない。

 02,20 Jスローインになった瞬間。真っ先に動き出している。だから受けられた。寄せた相手もかわせた。

 03,15 I相手フィールド縦に,出されたボールにコースよく寄り,体もうまく使って味方へ繋ぐ。この人のこういうプレーが多く出る時は,北上のペースです。この後のLも,よく見て中のスペースにいる味方にいいパスをしています。だから得点になっています。

画像


 2nd
 
 00,25 mikがJへくさびのようなパス。Jはワントラップ後mikへ。ダイレクトだったら通っていた可能性大かな?

 01,43 ILのスローインワンツーからの得点。Iの動き出しも速い。この二人味をしめてください。

 03,11 相手GKのパントキックの処理。後ろに任せるべき。速めの声かけでできること。

 03,58 ktmかな?このカットプレーは,確信の下。これをやられると相手は落ち込む一方。

 コレくらいにします。1台のパソコンで,画面チャかチャかさせながらは,老眼にはしんどいです。やはり私は肉眼で見たプレーを,スケッチブックに「5分14秒」などと書き込んでおく方が,記憶も定かですし,文章化しやすいです。この時は雨で記録できなかったのです。

 準決勝は,冷たい雨の中,アップの持っていきかたに,前試合の終了時間について,私が勘違いをして間延びさせてしまいました。入り方が悪く,FKで先制されたので,反省しています。前半終了間際から,ピッチは降雨で荒れ,殆どパフォーマンスの出ない状況でしたので,入り方が悪かったのが悔やまれます。

 3位決定戦は,さらに泥沼と化したピッチで,「トーキックで」とか「足元のいい所を経由してゴールへ」などの土砂降り対策に終始せざるを得ませんでした。

画像


 後半。あわや同点というシーンがいくつかありました。後半tmyさんを起用したのは,「先入観のない選手の方が,活躍できる。」と踏んだからです。この読みは当たったと思っています。

 大会を終えて,ベスト4は自信をさらに持っていいでしょう。但し,今年のチームは,スタッフの皮肉や叱咤激励を受けないと,エンジンがかからないところがあります。スタッフは,できればそんなこと金輪際したくないので,考えておいてください。

 2日目。3試合レフェリーのNBAコーチ。一番激しい雨の時に助っ人副審を勤めてくださったmikpapaありがとうございました。
 



 





 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三重招待 その2 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる