紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS

<<   作成日時 : 2012/12/01 14:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日の午前中は,堀川高校の通常練習でした。私は,いつもの場所でと勘違いしていました。ここなら,練習マッチという選択肢もありましたから。

 しかし,結果オーライ。ここの人工芝で,いいトレーニングできましたから。「ゲームの中で,サッカーの本質に迫っていく。」を指導方針にしていますが,こういういい環境でのトレーニングの価値は大きいです。

 @アップを兼ねたスキルトレーニング
 A2カテゴリーに分けた,中心トレーニング
 Bゲーム

画像


 という組み立てで行いました。@の中でU−10のパス練習でのひとコマがこれです。よくあるパス交換のパターンですが,真ん中にProfessorが寝転び,軟体動物の如く伸びたり縮んだり・・・。俄然,子どもたちのテンションは上がります。こういうのって・・・とても効果的です。遊びの中で,緊張感。瞬時の判断。技術の機会を得られます。教え込みは,全くないです。

 合間に覗いたU−12のシュート練習。深い位置からのクロスをダイレクトで合わせるパターンです。少ししか見ていませんが,いい音聞こえていました。

 所謂,いいポジションに走りこんで,足を「振り回す」のではなく,インサイドでもいいのでゴールの狙った所へ「弾き返す」ようなキック。

画像


 ・テイクバックは,小さく
 ・インパクトの瞬間を大切に
 ・コースをきちんと狙っての

 ダイレクトシュートです。大振りしなくても,走りこんだスピードだけで,十分速度の乗ったボールが行きます。問題は,インパクトの感触です。ドリブルシュートの時とは,全く異なります。

 イメージで言えば,テニスでのドロップショットみたいに「面を作って当てに行き,インパクトの瞬間ラケットのグリップを握る」みたいな感じです。

 これは,やった者にしか分からない感覚ですが,「とても気持ちいい」のです。その気持ちよさを感じられる「いい音」多かったですね。

 そして,「入ったら」もっと気持ちいいのですよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
面 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる