紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS バルカンの黄金銃

<<   作成日時 : 2013/03/05 21:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 本業が忙しくなってきました。本業は,職場でやっつける。北上関係は早朝にやっつけるが基本なのですが,それもままならない感じになってきました。

 そういう時こそ,別のことがしたくなるものです。今日は眠くなるまでの時間を,前回の振り返りにあてます。多井畑で,面白いなと思ったのはU-10のyuraです。

 Professorの遊び感覚は重々わかります。彼はトップレベルのセンターバックで,「よく見てよく考えるタイプ」ですから,サッカー放映の画像から,選手個人の特徴を瞬時に把握します。

 私は,FWの経験が長いので,本能的な部分多くザックリした観察しかできません。しかし,似たような思いは,多くしています。

 多井畑でのyuraは「高速ターボが高速足裏へ」という感じでした。いつものことですが,次のステップにあがりそうでしたね。

 ここで感じたのが「こいつ。ロベルト・プロシネツキやな。」ということです。クロアチア代表で,レアルでもプレーしたことのあるヘビースモーカーの天才選手です。「バルカンの黄金銃」がニックネームです。

画像


 この人のドリブルは,あるサイトでは『変態ドリブル』と表現されている位,独特です。切り替えしと足裏の引き技の連続で,とにかく持ち続けます。一度抜いた相手を,切り返したせいで,もう一度対戦などはザラです。いや。むしろそれを狙っているきらいがあります。

 ボールを相手に晒した状態(相手がいつでも飛び込めるボール位置)で,持ち続けます。うまいけれど前にいきません。私の現役時代なら「何しとんねん。はよパスせいや!」の声が飛んでくること必至です。

 しかし彼は,そんなプレーの連続の後,ヒョコッととんでもないところへパスするのです。一瞬時間が止まります。世界が変わるのですね。その後は。

 yuraのプレーは,プロシネツキのリズムに似ているのですよ。前に行かないところなどそっくりです。オニごっコーチにに,プロシネツキの解説をして説明したことを覚えているくらいです。「出た!プロシネツキ!」と言って大笑いしたことも覚えています。

 「前に行かないからダメ」ではなくて「プロシネツキに似ているからオモシロい」では,見方が全く変わります。どちらがいいですか?

 北上の代表,監督は揃ってこういうサッカー馬鹿です。だからいいのだと思っておきます。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
あの日の彼女は、はっきりとした目標を持って試合に向かいました。
なんで
いつもよりターボ全開やったのを見て、知っているマミーズは、大変心痛く・・・

U10には、MVP出ないかも・・・・

って、囁けませんでした。

前日の紫杯のMVPをいただいた方が、大変うらやましかったようです。

良い動きでしたね。

遠い階段からも、マミーズがわかるほど

SうCいmama
2013/03/06 09:12
SうCいmama様。そうでしたか。ま。何にせよ,全力の積み重ねが,次に繋がります。更に変態ドリブルに,磨きをかけてほしいものです。
ミステル
2013/03/07 06:58
幼稚園では泥ダンゴをこねこねするのが好きでした。

小学校になってサッカーボールをこねこねしています。

将来、天才選手になってくたらいいんだけど、

ヘビースモーカーになったら、ちょっと困るなぁ
Ymama
2013/03/08 00:09
Ymama様。ま。とりあえずプロシネツキの影像を何処かでご確認願います。かなり変な奴です。でも世界においても,こういう変な奴が出てきにくくなりました。変な奴をうまく使えるのが,チームの歴史というものです。北上においては,その子のタイプに合わせていきますので,同じことだと思っています。クロアチアは好きな国の一つです。
ミステル
2013/03/08 20:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
バルカンの黄金銃 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる