紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS 北上スクーリング@

<<   作成日時 : 2013/04/21 15:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 雨は止みそうでしたが,夜半に降り続けた雨のせいで,グラウンドが軟弱です。きちんとグラウンドを見に行っているのですよ。家人を職場へ送ったついでとは言え,ややこしい時は極力実際に確かめるようにしています。中止を決定しました。

 しかし,今年からはトレーニングが中止になってもミーティングがあることが多いと思ってください。急遽雨になっても,使用できる部屋をDmamaたちが見つけてくださいました。プロジェクター&スクリーンは無料ですと!これを使わない手はないですね。

画像


 まだ新しく気持ちのいい部屋です。プロジェクターも天井据付ですから設置の手間もありません。大変塩梅がよろしい。

 さて1時間目は,私の担当です。@ピッチについて A直接フリーキックになる反則について Bオフサイドについての三つのテーマについてレクチャーしました。

 サッカー用語は,殆ど英語です。カタカナ言葉です。ですから,3年生以下にはちょっと難しいです。しかし,一つでも覚えていくことは大切です。4年生以上を視点に話を進めていきましたが,3年生以下の人にも来てもらったのは,そういう訳です。

 「ペナルティアーク」とか「ストライキング」とか「トリッピング」とか初めて聞く人も多かったと思います。少しずつ慣れて覚えてくれたらいいのですが,5,6年生は言葉の意味は,分かるようになっておいてください。戦術や技術に関する言葉もカタカナばかりです。次回か,試合の合間の長い時に近々行います。

 選手が,言葉の意味を分かっていないのに「セカンドボールを狙おう!」と言っても,意味ありませんね。若い指導者は,肝に命ずるべきです。

 さて,2時間目はProfessorの講義です。影像を多く使ったものですから楽しいですよね。「早い判断」「速い判断」という大人にも重要なテーマでした。しかし,高学年には十分理解できる内容です。今日来た人は得したね。

画像


 要するに「ルックアップ」「ルックアラウンド」「いつ走るか」「感じて動く」に関わるテーマです。イメージは十分伝わったと思います。こういう座学での効果は,栄養学や体幹トレーニングやガムの効用などより,速く出現します。勿論,意味を自分なりに理解して,狙って行う人ほど速いわけです。

 トレーニングの3大原則の一つ「意識性」が,ここでは大切になってきます。さて,誰の意識に入り込んだのか,これからが楽しみです。

 今後のテーマで思いつくところを書き上げておきます。

 ・サッカー用語(技術,戦術)
 ・サッカーの基本戦術
 ・チームプレーでいいプレー(影像を見て。特に見逃されがちなナイスプレー)
 ・名選手のいいプレー
 ・いいフォームや動き,ランニングフォーム
 ・用具の手入れ
 ・栄養学
 ・アジリティトレーニングのいい例。体幹トレーニングのいい例。

 まだまだ思い浮かびますが,これくらいにしておきます。Professorは,自身でまた,やりたいことがあると思います。NBAコーチとオニゴッコーチにも担当してもらいます。乞うご期待。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北上スクーリング@ 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる