紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS ピッコロサマーカップ

<<   作成日時 : 2013/07/24 06:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 仲良くさせていただいている紫香楽さんからのお誘いで,フットサルの大会に参加してきました。カラッとした空気の涼しさが,気持ちよかったのですが,「暑いなぁー。」の地元の方の声に「やっぱり京都は特別暑いのだな。」と再確認しました。

 5チームでフットサルのリーグ戦を行い,上位2チームが決勝戦を行うという形式です。女子チームは,ウチと紫香楽さんのみです。私はこの年代は,体育館でのフットサルを,多く経験させるのがいいと考えています。イレギュラーバウンドのない体育館で,ボールコンタクトの多いゲームができるからです。

 そういう意味では,とてもよい経験でした。結果も2日間続けての優勝ということでめでたしめでたしなのですが,優勝よりも,「サッカーらしくなった」点を評価します。

画像


 「First touch」と「Feint」の2大FFのめあて以外に,もう一つめあてをつけようと考えていました。子どもたちの動きから,決めていこうとも考えていました。

 私が監督をしていた頃は,合言葉をたくさん使っていました。その一つを使うことにしました。「いつ頑張るの?」と投げかけるのです。「ボールを持っていない時。」と返してほしいのですが,「今でしょ!」で返ってきます。困ったもんだ。

 しかし,その概念はどんどん浸透していきます。ある局面だけ,切り取って具体的に伝えたのですが,そこから派生的に枝葉が伸びていきました。

 「ボールを持っていない時に」スペースへ走りこんだり,相手から遮られない所に開くことは,重要です。しかしやっていないことはないのです。子どもたちは。でも,決定的に遅いのです。遅ければ遅いで,やり方はあるのですが,やはりいいタイミングで「周りが動く」事は大切です。

 あまり詳述すると企業秘密に触れますので,これくらいにしておきますが,一つだけ明かすと「スローインワンツー」ならぬ「キックインワンツー」が多く見られました。自然発生的にね。これはいい手です。ここから「いいパスプレー」が出始めました。

 そうです。いいパスが出始めたのです。この日。「止める」「蹴る」がきちんとできれば,「いいパス」は自ずと出てきます。そういうものなのです。

 リスタートで,素早いフリーキックも決めたし,大きなサイドチェンジも見られました。後は,できるピッチサイズを大きくしていけばよろしい。

画像


 恒例の「うまい棒トロフィー」も頂けましたし,この年代専用「カウボ」も初御目見えです。トロフィーの方は,沢山揃う日に解体予定です。新カウボは,binkanのおばあちゃん作だそうです。ありがとうございました。

 初御目見えもう二つ。

 ・minちゃんがGKやりたいそうです。リーグ最終戦と決勝戦は,殆どゴールマウスを守ってもらいました。まだ投げられないけれど,スローイン投げでいいフィードしていました。

 。minちゃんmamaがレフェリーデビューです。指し示す方向は攻撃側であることは,影像でイメージトレーニングすればすぐ身につきます。最後の方は,大きな音でホイッスル吹けていました。

 さて,この親子の成長も楽しみです。果たしてどちらが・・・・・?

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ピッコロサマーカップ 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる