紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS 高槻大会など

<<   作成日時 : 2013/12/12 07:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 いよいよ冬らしくなってきました。ベンチコートも引っ張り出してきました。まだ1回しか着ていません。裾回りが引っかかって好きになれません。夜,近所のコンビニなどのチョイ買い物に着ることの方が多くなります。

 さて高槻大会に行ってきました。思うことあり,スタンドから観戦することにしました。宝ヶ池球技場に似たロケーションの准スタヂアム(こういう言い方ありなん?)でした。来年は元の会場へ人工芝張りで戻るとのことです。
ゴール裏からのいい景色でした。ベンチより選手全体の動きがよく見えます。

画像


 まだファーストタッチのトラップの角度が気になります。しかし先週ほどではないので「まあそのうち・・。」と翌日に期待することにしました。太秦でのU-10に付き添うことになっていたのです。

 夜Professorからメールがあり,下位トーナメントで決勝まで進み,関西G8優勝チームさんと好ゲームをしたとの旨。何でも後半3点取られながらも,1点差まで詰め寄ったとか。

 恐らくいいゲームだったと思います。とにかくいいゲームの積み重ねが肝要です。いいゲームの要素の一つに,「競ったゲームの中で自己表現する。」ということがあります。多分そういう面が出ていたのでしょう。U-12のチームにプラスになりそうな話を思いつきました。次回ご披露いたします。

 太秦の方ですが,お迎えが早かったのでコンビニでゆっくりモーニングコーヒーを頂くというオマケがつきました。スローなスタートもいいものだと感じました。yurmama。コーヒーご馳走様でございました。

 さて太秦U-11さんとの15分6本勝負くらいでしたかね。hrkなどはゲーム経験たくさん積めてよかったでしょうね。この子は足元の器用さは未だ無い物の,ゲーム中の成功体験から選手らしくなっていくものと思われますのでね。

 ゲームでの大きな目当ては変えず,その日のゲームの雰囲気から「その日できそうなサブテーマ」を設定するというやり方をしています。「引きつけてアウトでポンとパスを叩く。」プレーのイメージを,この日設定したのですが4,5人が頻繁に出現させていました。

 この年代の最もいい所です。ゴールデンエイジとはよく言ったものです。脳の命令が動きに繋がる神経回路が,まだ固まっていないので新しい動きが即座にできるということですが,ハマった時はこちらが驚くくらいです。
この学年はそれが多いの,でとても楽しみです。

 足裏の技術も高くなっています。「速く正確に」できる子が増えています。昨日早朝ルイス・フィーゴの動画を楽しんでいました。一見ドタドタしたステップなのですが,実に上手いドリブルをします。スローで見ると「相手を抜き去るタッチの直前のタッチ」が,実に素早いのです。

 「パタポン」で言えば「パタ」。「ブロリン」で言えば「ブロ」が実にタイミングよく素早く入っています。こういうプレーに近づく下地が出来つつあります。

 ただ,いつどの場面で使うといいかについては,まだ理解できていません。それをどういう形で掴んでもらうか。教え込みでなく,それこそ神経回路を自然形成する形で・・・。これが実に難しいのですが,面白いのです。少なくともパソコン相手にやっさもっさするよりずっと高尚だと,勝手に思っています。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高槻大会など 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる