紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS 清々しいね。A

<<   作成日時 : 2014/03/07 11:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 さて続きです。「あのいい気分は何なのか?」という疑問は,仕事中は,全く忘れていました。帰宅して,自分の定位置に付き,夕食を摂っていました。

 すると,その疑問がすぐに解けました。そう,この場所で感じることが多かったのです。

 ・子どもたちが優勝した時。
 ・別に優勝できなくても北上らしいプレー満載のいいゲームをした時。
 ・ある選手が突然ハジケた時。(私はこう表現します。所謂,急成長した時。)
 ・チームに「火事場の馬鹿力」が備わった時

 そんな日の夜に,晩酌しながら,とてもいい気分になっているのです。北上だけでは,ないのです。

 レフェリー時代は

 ・難しいゲームを上手くコントロールできた時。
 ・適切にカードが出せた時。
 ・ロングボールの応酬のパチンコゲームでも,走り切った時。
 ・インストラクターから「ナイスジャッジ!」の言葉をもらえた時。

 などで感じていました。

 社会人の監督時代は,

 ・苦手チームに勝った時。
 ・仕事で練習に来にくい選手が,一人で黙々と走りこんでいるのを,車窓から見つけた時。
 ・天皇杯予選で11月まで残った時。
 ・1部昇格を決め,胴上げされた時。

 などで感じていました。

 現役時代は・・・・。もういいですよね。

 要するに,自分の関わるサッカーの中で,チームのいいパフォーマンス。いい取り組み。いい熱中。自分のいいパフォーマンス。いい準備といい結果などを得た時は,とてもいい気分なのです。とても清々しくて,とても爽やかなのです。小さな親切をしていい気持ちになるのと,よく似ているのです。私の場合は。

 幸せ者だと思います。このいい気分を一杯味わわせてもらってきました。そして,北上でも,たくさんいい気分になりました。ただ,今年はチームや選手がハジけないので,忘れていたのです。しかし・・・。

画像


 日曜日の夜の事です。Poffesorに長電話しました。なでしこフェスティバルの結果は,夕方NBAコーチと会い,聞いていました。しかし結果だけでなく,内容が肝心です。特に監督がどう感じたかがキモです。

 別件いくつかと,多井畑カップでのU-10の様子を伝えた後の,U-12についての会話の一部です。

C「・・・・・。わかりました。昨日のチーム状態はよかったですね。それを今日も維持することが大切だと,子どもたちに話しましたが,その辺はどうでしたか?」

P「初日のよさを基準で考えますと,100%ではないですが,七掛けくらいでできていましたかね。」

C「監督から見て,いいリズムは維持できていたということですか?」

P「そう言っていいと思います。」

C「よかった!」

 言葉通りではありませんが,こういった会話でした。そして,どんちゃんならぬ,どんさんがハジけた話も聞きました。次はどん様に昇格するのでしょうか。

 今年のチームでも,いい気分になれそうです。やっときっかけが掴めた気持ちです。明日,U-10の活動が1時半からになったので,生駒まで一人で行きます。大事な大事なファーストゲームだけを見にいきます。




 
 ・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
清々しいね。A 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる