紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS おこしやす京都

<<   作成日時 : 2014/05/30 05:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 第1回 おこしやす京都少女サッカー大会が無事終わりました。チーム付きより,大会運営の真っ只中におりましたので,そういう文になると思われます。

 日本協会の例のアホな改悪で,長く続いた関西少女が無くなりました。別の形でやるとは言うものの,春先の大きい大会が消えたのです。

 年寄りのずうずうしさで「京都でやろう。」と言いました。そうしたら,そう思う人多くできてしまったということです。目出度いことです。

 目出度いと言えば,持ち回りトロフィーは,京都の黄組さんの元へ1年間行くことになりました。よかったですね。少し話題になっているようですので,そのからくりを紹介します。このトロフィーを選んだくらいしか,大した準備はしておりませんので。

画像


 これが,そのトロフィーです。木製です。杉の木です。とても良い香りがします。京都でやるのだからと「北山杉」をイメージしています。第1候補が北山杉で,予算的に無理なら,西陣織のサッカーボール。それも駄目なら,清水焼は割れるので,京組紐で何とかしようと思っていました。第1候補でできてよかったです。

 「どうやって作るの?」というご質問が多かったので,お答えします。球状に,木を削る機械はあるそうです。しかし,それだと乾燥したら割れるそうです。ですからこうなっています。

画像


 32面の木片と90個のジョイントからなっています。要するにジグゾーパズルなのです。取説には,「30分くらいでできる・・」とありますが,これが大きな嘘でした。

画像
画像
画像


 こんな具合に組み立てていきます。ところがどっこい,雑念が入ります。「この木目のピースはこっちにしたいな。」とか「赤っぽいピースと白っぽいピースを互い違いにしたいな。」とかの思いです。これに従うと入り辛くなります。

 それに緩緩に組んでいかないと,最後のピースが入らないらしい。ムズイのです。正直に言いますと,後7,8ピースのところでくたびれて放り出していました。たまたま娘が遊びにきたので,「仕上げておけ。」と申しました。彼女も結構苦労したようです。

 ま,創った人もその辺を狙っていたのだと思います。しかし,この職人芸は凄い。必ず熟練の手仕事が入っているはずです。

 手仕事と言えば,これも凄かったですね。U-10の部のマイスターシャーレです。

画像


 ホンマに写真の回転,教えて頂戴!誰も教えてくれへんやんか。

 所謂,百均で揃うものと,チロルチョコでできています。紫香楽名物「うまい棒トロフィー」が進化発展したわけです。作者はSmall night母です。ありがとうございました。

 付け加えのように・・・

・U-12 今大会のBest4の背中が見えてきました。決勝リーグに残ってもそこそこのゲームはできたでしょう。優勝は,まだ無理ですが。

・U-10 2位ということですが,そんなものでしょう。チョコシャーレを持って行った優勝チームはいいチームでした。
違いは,一人ひとりのスキルの平均値の違いです。そんなもの見れば,すぐわかる。「チロルチョコもらえへんの。」とか言っていた人は,何か頑張らんとあかんのですよ。

 決勝リーグの夜は,北上F.C.Jr.始まって以来初の「ダディーズの会」でした。楽しかったのですが,警戒していた通り,私は途中からシッチャカメッチャカになっておりました。どうも失礼をば致しました。疲れていたということにしておいてください。

 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おこしやす京都 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる