紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS JGREENにて

<<   作成日時 : 2015/03/02 03:45   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 さて,なでしこフェスティバルが終わりました。

 結論から言いますと,よかったです。やっと,U-12が北上になりました。冷たい冬の雨が降りしきる1日でした。Professor同様,衣服の選択を間違った私は,終日震えていたのですが,心は温かかったです。

 沖縄戦は,見ていないので何ともコメントできません。次戦も同様。二日目の初戦灰色組さんとのゲームは,サッカーでしたね。間違いなく。

 灰色組さんは,いいチームです。サッカーの試合運びを知っています。簡単に負けるチームではありません。例はいくらでも挙げられますが,長くなるので割愛します。

画像


 でも,私が灰色組さんの監督なら「やばい!」と思ったでしょう。あのチームが敗れるなら,こんなゲームというゲームの数少ないパターンの一つを,ウチがやったということです。

 先週,「うまいけれど怖さがない。」と述べました。正直な感想です。本日は「怖さ」を存分に感じました。それには,前段があります。

 ウォーミングアップで,ミニゲームをしていた時の,選手たちの表情がとてもよかったのです。「いい顔していますね。」とNBAコーチに呟いたくらいです。

 すぐ隣で,藤枝桃or薄紫or藤色ようわからん組さんが質の高いアップしています。NBAコーチが,「あれが相手さんです。」と指差した方に灰色組さんが,ドリブル練習していました。

 「これはあかんわ。まともにやって5点喰らう。下手したら二桁喰らってもおかしくない。」正直にそう感じました。

 結果は,実質上0−1での敗戦です。2失点目は,ああいいうことあるのです。1年に1回くらい許されていいのです。それより,今まで何点彼女が防いでくれたかを考えるべきです。

 私もPKストップし,1対1のピンチを再三防ぎながら,同じことをしでかし,0−1で敗れたことがあります。泣きそうになっているのに,「負けたのはGKのせいじゃない。いい形作りながら2点決められなかったフィールドが悪い。」みたいな事を穏やかに言った恩師の姿は,よく覚えています。

 ともかく,少なくとも私から見て「はじけた」もしくは「はっちゃけた」選手が2.5名いました。相手さんの本来の怖さを感じずにすみました。

 すべてを見ることができずに大変寂しい思いをしているのですが,今年私が見たU-12のゲームの中でベストゲームでした。やっとできました。間に合った。よかったです。

 選手諸君。よくやりました。今日の君たちは美しかったです。しかし,まだ終わっていませんので,次へのいい準備を怠らないこと。                      prepared


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JGREENにて 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる