紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS チームの起源 PartV

<<   作成日時 : 2016/03/16 04:41  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 お久しぶりですというのも気が引けるくらいお久しぶりです。ある理由から,ブログ更新をストップしました。「また書こうと思う気になるきっかけがあれば,また始めたらいい。」と考えていました。

そのきっかけが起きたのです。

画像


 以前2回にわたって,この欄で紹介した北上F.C.Jr.のOriginであるFC.HSFです。この中の一人が突如我が家を奇襲したのです。卒業アルバムの住所欄から場所を突き止めたとのことです。いや,名簿というものは悪用せず,このように使うと本来の価値を発揮します。

 思わず笑みがこぼれる二人でありました。もちろん「みんなどうしていますか?」という話になり,あれよあれよという間にHSFのHは,全員と繋がってしまいました。添付の写真もそこからの拝借です。SNSとやらも,すべからくこのように使用するのがよろしいかと。

画像


 彼女たちは御年45歳とのことです。これで判明しました。北上F.C.Jr.は事実上33年前に産声をあげていたのです。

 さて,このチームは関西少女(写真には第2回とあります。)で旋風を巻き起こします。当時から強豪だった多井畑さんや啓明さん(今このチーム名は消失。しかし啓明女学院は今でも強豪のはず?)を相手に互角以上の戦いを繰り広げます。どちらかの対戦は,確か0-1くらいの勝ってもおかしくない敗戦だったと記憶しています。

 確か決勝トーナメントには進めなかったものの関西BEST4並のゲーム内容でした。私は十分満足でした。満足というより「ここの子たち。こんなにできるんや。」と感激したといった方が正しいでしょう。

 その後,「このままで終わらせるのは,惜しい!」「どうか,このチームを続けてほしい。」という声が沸き起こったのです。私に監督を続けてほしいという嘆願が次々きました。

 しかし,当時私は現役選手であり,男子チームも持っており,トップレベルのレフェリーへの夢も捨ててはいませんでしたから断りました。

 そこで先代代表に白羽の矢が当たり,活動を続けた上で1987年に日本体育協会スポーツ少年団登録となったというわけです。いや,もっと以前になされていたかも・・・?少なくとも日本蹴球協会〈当時〉登録はもっと以前だったでしょうね。

 これで,チームの起源編は完了です。めでたしめでたし。

 

 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
チームの起源 PartV 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる