紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都女子サッカーフェスティバル

<<   作成日時 : 2009/03/20 20:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は,6年生の最後の公式戦である京都女子サッカーフェスティバルです。久しぶりのみどりヶ丘です。午前中の雨が心配されましたが降られることなく,天気予報からすればコンディションは上々でした。

画像


 今日は,時間が短いとは言え,4試合の可能性が高く,気持ちのテンションを張ったり緩めたりが難しい状況です。一番いい方法は勝ちあがっていくことです。先日の三重での経験が活きたのだと思います。見事に決勝まで勝ち上がっていけましたね。

 今日気づいたことを思いつくまま挙げてみます。

・第1ゲームの岡山湯郷ベル戦が鍵(かぎ)だと思っていました。初めての対戦で楽しみにしていました。トップチームはなでしこリーグで活躍していて,北上の先輩2人が頑張っています。本部でメンバーチェックを受けているところで,ベルを初めて見たました。「このチーム。場数踏んでるなあ。」という印象です。メンバーチェックなどの儀式(?)になれているチームは,試合巧者と思ってまずまちがいありません。このゲームは1−0で勝利できました。相手は全員基本的な技術はできていて,チームの得意な戦術もできているような雰囲気でした。でも「決定的なチャンスを作らせなかった。」これが勝因ですね。今年の北上は,これができるんです。だれがヒロインというわけでなく,全員が集中してプレーした結果,相手が自分たちのサッカーができずに終わってしまうパターンが。

・準決勝バニーズ戦も大会においては鍵をにぎるゲームでした。主力の3選手がやむない事情でチームをはなれ,体調不良でJさんも欠席の状況では,かなりチーム力が落ちるのはしようがないことです。しかし,やり方次第では勝利につながるのがサッカーの面白いところです。守備を固めた布陣でスタートしました。バニーズにいつもの勢いがありません。「これはシステムチェンジを後半半ばで行い,はまれば勝てるかも・・・」と思いました。理想的なシステムチェンジはできなかったのですが,失点の心配はそれほどなかったです。みんなの懸命のプレーが相手の攻撃の芽を摘んでいましたから。0−0でPK方式になりました。蹴り方など何も言ってません。最初の5人の順番だけを伝えました。Oさんを何番目で使うのがいいかというコンセプトで,組みました。そして@さんがPKを決めて気持ちよくゴールキーピングできる順番という設定です。

 @さんが自身でPKを決めた後、相手の4・5人目のキックを見事ストップしてくれてドラマチックなタイムアップにつながりました。私としてはキッカーの順が,想像以上ににハマッたのでびっくりしました。決めた4人は,イメージ通りのキックができていたと思います。

 ただ,PK方式は,次の進出チームを決める抽選みたいなもので,試合の一部ではないと私は思っています。最近のワールドカップでさえ決勝戦でPK戦で優勝チームを決めているのはおかしいと感じている一人です。

 決勝は奈良葛城です。スカウティングが全くできていなかったので,どんなチームかつかめないままの決勝です。縦に大きく突破できる選手が3名いました。Gさんがここでいないのは少しつらかったですが,やむを得ません。前半の失点はやむを得ないでしょう。あの相手に2点取ってひっくり返す力がないと優勝チームにはなれません。結果は0−1のままタイムアップの笛を聴きました。

 でもうつむつ必要のない,いい4試合だったと思います。全員が今の力でベストのプレーをしたと思っています。明日は京都新聞に結果が出ると思います。うまくいくと戦評やキャプテン談話が載るかもしれません。

 北上のみなさん。今日はご苦労様でした。22日は今シーズン最後のゲームです。全員でサッカーを楽しみましょう。会場はとてもいいグラウンドみたいですよ。

  今日はMakoコーチデビューの日でもありました。彼にはチームを知ってもらうのが一番ですので,ベンチワークはまだしてもらっていません。彼にとってもカルチャーショックはあったようです。4月より本格的にチーム作りに参加してもらいます。次回くらいに彼と私との関わりについて簡単な紹介でもできればと思っています。

 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都女子サッカーフェスティバル 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる