紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010 JFA関西ガールズ・エイト(U-12) 予選リーグ

<<   作成日時 : 2010/08/17 07:01   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

  8月14日は,宿舎から高速道路を経由して会場入りしました。これもチーム史上初の出来事です。

 会場に着くと,前回来た時と様子が変わっていないことを確認しました。テント設置場所を決め(結構重要),イメージトレーニングに入ります。選手でなく,私のイメージトレーニングです。話す内容や順番や表現をバクッとイメージします。大雑把な人間ですが,行き当たりばったりではないのです。一応考えているのです。

画像


 今回は選手証のチェックがあります。写真のお姉さんたちがチェックしてくれました。全国大会ではアカデミーのお姉さんたちがしてくれます。

 選手証チェックまでのチーム行動は理想的でした。これに手間取りアップ不足とか,試合前の指示が十分できないこともよくあるのです。1番に受けられたのはヒットでした。よかったね。

 第1試合の開始直前に「給水タイムはありますか?」と主審に尋ねました。ないとの事です。あれば,その準備も必要になってくるわけです。

 奈良葛城が相手です。立ち上がりに1点を失いますが,同点に追いつきます。前半14分46秒です。すごいなぁ。今年のチームは,同点に追いつく得点が,いつも素敵です。相手にしたら「イヤなとられ方」なのです。私のスケッチブックには,結構たくさんの殴り書きが残っています。今読み返すと「・ちっとも怖くない。」というのもあります。そうです。追いついてからの相手は,ちっともこわくなかったのです。逆転する気配濃厚でしたね。

 しかし,ある一瞬短い柔らかいロブを上げられ,失点します。この形は,この相手の攻撃の中で「変化」が起きた一瞬だったと思います。そのまま,タイムアップです。

画像


 第2試合の相手は,西宮です。真面目な監督さんが,毎年オーソドキシーないいチームを作ってきます。ポニーテールのI番は,I番を付けるだけの力を持った選手でした。

 「・6分過ぎからいい形」とスケッチブックに記されています。私は,この試合から,北上が化け始めたと思っています。短い・長い・強い・意図のある・角度を考えた・緩急の変化のある・心のこもった・・・・等のいいパスが次々に通ります。得点は1点だけで,記録上はオウンゴールでした。しかし,一連の北上の攻撃の中で,ついに相手が膝を折ったという感じのゴールです。ですから,得点者は全員ということにしておきましょう。そのままタイムアップです。

 タイムアップの直後,相手のI番が泣きじゃくっていました。心の中で「泣かないで胸張ったらいいんだよ。」とつぶやきました。

画像


 写真のサプリメントを,今回は使用しました。ねらいは夏場の3試合目のペースダウンを未然に防ぐためです。私は効果あったと信じています。ま,飲みにくい粉ですので,飲んでいる選手達の互いの様子を見て笑うリラックス効果もあったようです。

 ところで皆さん。Professorが第1戦目にベンチにいなかったことに気付いていましたか?彼はスパイ偵察活動に専念していたのです。第2,3戦目の相手の特徴を把握してくれていました。彼は,この能力に長けています。スカウティングと言います。過去Nコーチやkaorinnやmattiがよくしてくれていました。別に悪いことではありません。捕まって拉致され強制連行されることはありませんので,ご心配なく。

 予選リーグ最終戦はヴィトーリアと戦いました。R番でしたかね。相手のキープレーヤーは。Professorの事前情報のおかげでゲームプランもイメージできました。さてキックオフです。スケッチブックの殴り書きのひとつに「・スペースはたくさんある」というのがあります。西宮戦で出たクリエイティブなパスと,そのスペース利用で,勝算はありました。結果は1−1の引き分けに終わりました。後半立ち上がりのFさんのゴールは綺麗でしたね。本人は意図した形ではなかったようですが,とっさに体が反応したいいプレーということです。勿論,それに繋がるプレーのすべてがよかったですよ。

 Hさんのシュートが決まったように見えて,Familliesの大歓声が起きました。選手諸君。あの歓声を覚えておくといいよ。君達にも分かる時が必ずきますから。

画像


 予選リーグの結果です。激しい星のつぶしあいです。Aブロック4チームすべて失点3で並んでいます。「あと1点獲っといたら?」なのですが・・・。まぁ,これがサッカーなのですね。ホントに紙一重でしたね。

 「いい準備をしていい試合をしよう。」がチームのモットーです。これは十分達成できたと思いますので・・・。最後に。

 「負けてもカッコええもんは,カッコええんです。」これは負け犬の遠吠えでは,決してないのです。

 次回は最終日についてレポートいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ずいぶんご無沙汰してます。
全国大会予選お疲れ様でした。皆さんがとてもすばらしい試合をしたとブログを読んで感激してます。悔しい思いをしたと思うけど下を向くことなくここから更にパワーアップして、素敵なチームをつくって下さいね。今後のご活躍をハッピーと共に応援してます。
2008年度 H母
2010/08/17 15:56
こんばんわ。
やっぱりそうでしたか、2試合目から
進化がはじまってたのですね。

偵察後、私は少しドキドキしていました。
両チームともいいチームだし、つけいる隙
を見つけられなかったからです。

でも2試合目を見てて『あれ、北上こんな
に強かったっけ?いける。いけるやん!』

その後、試合を重ねるごとに、成長しました。
明らかに個々のプレーに変化が生じました。
たった数時間のうちに!?
正直、世の中にこんなことがあるとは思って
もみませんでした。

Hさんのミドルシュートだって、続けさまに
2本ありましたから、偶然じゃありません。
私の期待通りのプレーでした。
もう1本あればゴールしてたね。

このままいくと、もっともっといい
チームになるね。ほぼ断言できます。
kedちち
2010/08/17 20:03
旧々H母様。激励のお言葉ありがとうございました。今回のミーティングの中でもハッピーを引き合いに出して話した場面もありました。覚えていましたよ。見ていた子は全員。
ミステル
2010/08/18 05:11
Mr.Professor.いやあ。化けましたねぇ。見事に。まだまだ進化しますね。ダーウィンの「進化論」を欺く速さです。我々も進化しましょう。私の進化が,多分一番おそいのは覚悟しておいてください。
ミステル
2010/08/18 05:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
2010 JFA関西ガールズ・エイト(U-12) 予選リーグ 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる