紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS 葵カップ

<<   作成日時 : 2011/02/10 05:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 つい先日までの,1月の寒さが信じられないような,暖かさの中、生駒山麓運動公園でのフレンドリー大会に行ってきました。

画像


 私の携帯電話のカメラでは全容は写りませんが、円形の広いグラウンドでした。これは、私も初体験でしたが,円形でピッチを描くと,余白が多く出来ます。これはアップスペースとして有効利用できます。何事にも通じますが,無駄な空間は必要です。こんなものも,配置されていて,春秋なら小さいお子様とご家族向けにぴったりの総合公園でした。


画像


 さて,大会は1回戦は,地元開催のホストチームに0−0.2試合目北大冠に0−1.コイントスにて,グループリーグ2位で迎えた3位決定戦は伊勢Puroに0−3という結果でした。

よかったところは・・・・。
・4年生が活躍できる,ぎりぎりの相手で,活躍できたこと。(あれ以上,体格や技術で秀でるチームだと,4年生の練習にはなりません。)
・Hさんの余裕をもったドリブルや,Jさんの体の入れ方のうまさなどが確認できたこと。
・Eさんの決定的なシーンが,多く見られたこと。
・オフサイドでもったいないシーンを経験できたこと。(「もうかかるもんか。」と思えたかな?)
・21さんBさんが,ゲームの中で「効く」場面を作れるようになったこと。

画像


 などがあります。3位決定戦の立ち上がりの失点や,終了間際のフリーキック(ちょっと「撃ってください」状態でした。ただし,相手も同じ状況をプレゼントしてくれていましたから互角かな。)はやらずもがなの失点ですが,試合経験の少ない4年生が多いことを考えれば,「今のうちに経験しておこうね。」という事で,悪くはないのです。

 ただ,得点が事実とれていないように,「いいゲーム」(私が思うところの・・・。勝っても負けても・・・。)には,何か一つ足りないような気がします。

 自宅で夕食後,息子と,プレミアリーグ,アーセナルVSニュ-キャッスルCのゲームを見ていて,一気にその答えが出たような気分になりました。息子が試合前に結果をポロっと言ってしまいました。「4−4」なのです。結果がわかってしまうと,見る興味は半減してしまいます。実際全部見るのは止めようと思いました。

 ところが,最後まで見てしまいました。前半3分までにアーセナルは2得点。さら得点を重ね,前半を4−0で折り返します。当然ニュ-キャッスルが,後半4得点するのです。これは面白いゲームです。 

 4−2くらいになると,ニュ-キャッスルの選手達はイケイケ状態になります。Professor説によれば「パチンコなら確率変動状態」というアレです。事実,終了間際に目の醒めるようなダイレクトボレーが決まります。インジュリータイムでも決定的な場面もあり,5−4でニュ-キャッスル勝利でもおかしくなかったです。

 キーポイントは,後半のニュ-キャッスルの選手達は,「がんばりどころ」をわかってプレーしていたというところです。

 北上の選手達も「こういう形になれば,うちのペース」という感じを,つかんでゲームを進めることができていれば,少し形がちがったかもしれません。

 これは,チームのコンセプトを作っていきながら,得点が重なっていくと自然に出来上がっていくものです。この部分を積み上げてこられたら,「いつでもいいゲーム」のできるチームに近づいていくと思います。

 今日書いていることは,選手を責めているのではありません。誤解しないでください。むしろ,そういうふうに持ってこれなかったのは,指導者のせいです。特にカントクのせいということにしておいてください。


 ここまで,書いて公開を保留していました。私の気持ちがうまく出た文章かどうか,自信がなかったのです。4日おいて読み返して,「まぁ。いいか」の気分で公開します。「結果を見て書いている文章でなく,過程を見て書いている文章だと認識してお読みください。」の注釈付ですが・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
得点が無かったのは残念ですね。
欠席者も多く、全学年通して経験の場でいいんですが、
可能であれば得点の経験をさせてあげたかったです。

3試合目は10さんを起点にゴールの匂いが漂いまし
た。彼女にとってもチャレンジなので、アーリークロス
(深く攻め入る前にクロスをあげるという作戦)
を指示しておきました。チャンスを作ることに専念して
もらったのです。

ドリブル・パス・ボールが無いときの動き・声。
全部が全部、チャンスを作るための材料です。

例えば、カレーを作るときは、カレーになるよう
に刻んだり煮込んだり味付けしたりするわけです。

何も考えずに野菜を切ってみたり、煮込んでから
「さて、何つくろうかな」って考えてみても、
カレーはうまくできませんものね。

一度、出来上がってしまえば、その日食べなくても
次の日のカレーはさらにおいしく食べられますね。
でも、カレーじゃないものは、次の日になっても、
勝手にカレーにはなりません。

ちなみにKEDの得意料理は豚の生姜焼きです。
(焼くところだけですけどね)
KEDちち
2011/02/10 19:36
こないだの試合は初めて二人ぬけたので
うれしかったです。また次の試合でもぬけるように
、パスも正確にできるように頑張りたいです。 
すみれ
すみれ
2011/02/11 18:40
KEDちち様。返事おくれました。今回の話題と無関係ですが,貴殿のピンチになった時の「撤収!」という言葉は,なかなかエエ按配です。チーム内専門用語として定着化を図りたいですが,いかがなものでしょう?
ミステル
2011/02/15 21:05
すみれ様。返事おくれました。「相手をぬく」は,間合い(まあい。相手とのきょりのこと。)とタイミングです。特に間合いは今より遠目と思っておくといいよ。くわしく知りたかったら,グラウンドで聞いてください。
ミステル
2011/02/15 21:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
葵カップ 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる