紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS KFL 最終節

<<   作成日時 : 2011/03/10 06:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 パソコンの老朽化に伴い,新しいものへの付け替え工事が終わりました。新しいといっても,中古品です。しかし,立ち上がりは素早いし,値段も恐ろしくリーズナブルでしたので,私には十分です。

 というわけで,先日のフットサルリーグの結果の更新です。最終的にリーグ2位になっていたので,決勝トーナメントという形になっていました。

 5年生リーグの1位2位チームのトーナメントとというわけです。練習の場という設定ですが,ちょっと練習の場にしたらキツイ相手になるだろうなと予想していました。

画像


 果たして,準決勝は大敗してしまいました。3位決定戦も,U-10の選手中心では歯が立たないし,得るところも少ないので,5,6年生にふんばってもらいながら4年生を入れ替えるという進め方をとりました。かなり競ったのですが,これも敗戦。

 今日の結果はしようがないと思います。以前述べましたように,七三の実力差があってもやりようによって勝てるというのは,戦術理解とゲームの進め方を知っている必要性があるからです。

 今日は久々のフットサルです。感覚を思い出すには,少し時間がかかりますから・・・。むしろよかったことは。

・短時間ずつですが,トップで交代出場していった4年生たちが,よく絡めていたこと。
・フットサルの素早い切り替えを,すぐ思い出したこと。
・FKで「急がば回れ」の渋いプレーを高学年の人たちがしたこと。

 などがあって「なかなか!」と思いました。大量失点は防げます。

・GKのフィードを確実にものにする。(受け手が大事)
・相手のカウンターになった時の,一人目のDFのポジション。二人目のカバーリング。

 この二つが変わるだけでずいぶんとちがうのです。次年度のフットサルリーグで,できたらいいね。

 負けは負けとして認めなくてはなりません。しかし,相手の力量がかなり上であった場合,「大敗するより,博打してやろう。」とDFはすべてけり返すだけ,相手の疲れを待ってロングキックのカウンター狙いの一発逆転に終始という戦法を私は執りません。

 こには,選手のアイディアはないのですから,伸びる芽もしぼんでしまいます。それくらいなら,潔く大敗して,選手と「相手とうちのちがいは何かな?」「そのプレーを身につけるため,すぐできることは何だろう?」と対話する方を選びます。

少なくとも,私はそういう人です。特にFamiliesの方には知っておいてほしいですね。

 それから,負けた試合後,すぐにそういう話もあまりしません。効果が少ないからです。負けた後って,普通そういう話を聞きたくないのが,選手でしょう?私はそうでしたけど・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。久しぶりに高学年と一緒に、試合をしました。  
私の出るチャンスは、少なかったけどベンチから試合を見ていました・・・・。
   ・ayuは、キーパーがとても上手でした。
   ・hnaの、走り方はとてもかっこよかったです。私も、高学年に負けないようにがんばっていきたいです。   
ked
2011/03/11 21:23
 ked様。ずいぶんうまくなりました。そのうまさが活きる試合(五分五分の相手)をたくさん作ってあげないといけないですね。おうちにいるコーチと相談して,作りますね。
ミステル
2011/03/12 19:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
KFL 最終節 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる