紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都ガールズ8 最終節

<<   作成日時 : 2011/07/17 18:47   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 朝から,午後の暑さを予感させる陽射しでした。準備があって朝8時にグラウンド入りしていて,そう思いました。しかし,日陰は爽やかでした。午後はそんな雰囲気飛んでしまいましたけれど・・・。

 今日は朝一から,オニゴコーチ(HMコーチを本日から,勝手に命名します。鬼ごっこ専門官ですので,まんまのネーミングですが)に,帯同してもらいました。お疲れ様でした。ありがとうございました。私一人では,アタフタしていました。

画像


 フシミさんとのゲームは,初お目見えオレンジ半袖ユニフォームで行いました。4−0で勝つことができました。1点目が@さんのキックの筋をHさんが読んだ形の得点でした。それぞれの選手の伸びを選手同士でグラウンドで嗅ぎ付けてこそのゴールです。

画像


 副審が旧々Hさんです。精華中学のみなさん。今日は,お世話になりました。

 さて,最終戦。この試合に勝って優勝で,関西大会出場を決めたいものです。ただ,相手スマイル赤組さんは,相手さんのペースで進めるとしんどいので,対処法などを伝えました。

 今年,メインで動いてもらっているProfessorに覚書を頂いたり,自分の中においての言葉選択のイメージを持って臨みました。

画像


 いい入り方ができたのですが,1失点をする直前あたりからあわてましたね。相手さんがクロスをきっちりあげてくることも,シュートは早めに打ってくることも十分想定できましたし,ゲーム前にも話しました。

 ただ,小学生高学年と言っても,やはり子どもは経験なのです。自分たちにとって自チームのペースが狂うと,どこから建て直していいかを即時に判断する事」は,難しいことなのです。

 ・ボールを上げず,足元への速くて強いパスを通す。
 ・「飛び込まないで」我慢する。
 ・当てられるFWが常に,コマめにいいポジション取りをする。
 ・四隅のスペースをうまく使って,相手を散らす。
 ・味方が,「飛び込まないで」我慢してくれている間に次の「仕事場」につく。

 他にもいっぱいありますが,こういった点をケアしていけば糸口が見えてきたでしょう。ただ,あわててバタバタしていた間の2失点目は,ちょっと悔しかったですね。

 「まあ。落ち着きなさい。」とハーフタイムの冒頭に言いました。「2点リードされているけれど追いつけばいいのでしょ。今のポジショニングで,追いつけるの?よく考えてみて。」みたいなことを言いました。

 この時,Professorも駆けつけてくれ,ふだんのメインの声が聞けたせいか,後半開始からは落ち着きました。第1戦の1点目と同じような形から得点できました。いい得点です。違う形での追加点が待たれます。後1点ですがドイツ対なでしこみたいな様相を呈してきました。結果そのままタイムアップです。

 終わってみればの話ですが,第1節の大量得点の貯金が効きました。2位を確保しての,関西出場権を得ました。ただみんなは,優勝したかったでしょうから・・・。

 一緒に,足りなかったものを考えていきましょう。自分に降ろして考えましょう。「後1点とればよかった。」わけです。あの試合で,後1点獲るために「自分は,何ができたらよかったのか」です。

 「Be a good looser」(よき敗者たれ)も,私のサッカー観の一つです。今日は敗者であることを,潔く認めましょう。そして,すぐさま「いい準備」に取り掛かり,関西ガールズ8.そして,年間においてメインの大会である「三重招待」につなげましょう。

 それが,冬の「京都リーグ」での雪辱に結びつくと思います。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今日の二試合目、負けてしまったけれど、私は楽しかったです。もちろん悔しい気持ちはあったけど
・・・。私は試合に出られなかったけど、応援をしているうちに、すごくドキドキしたことが、心に残っています。それに後半での、かいrちゃんのシュートは何度もジャンプしました
明日のなでしこ、どうなるのかな
お邪魔しました
かえ
2011/07/17 19:14
遅刻しましてお手数おかけしました。
後半しか見てませんが、後半だけだと
1-0ですね。
とはいえ、よく0点に収まったなという
感じですね。そういう意味では本当にいい
経験をしたと思います。
むらさきちきぶで少し整理したいと思います。

まずは関西出場おめでとうございます。
KEDちち
2011/07/17 20:46
かえ様。チームが一つになって戦うことは,とても重要です。ベンチで味わった気持ちは,これからあなたがピッチの中にいる時に,とてもプラスになっていきますよ。
ミステル
2011/07/20 05:18
KEDちち様。「むらさきちきぶ」でのオバケのたとえ話は秀逸だと思いました。前半,今までになく「取り乱して」しまった子どもたちを落ち着かせるのに,適当な言葉が見つからなかったというのが本音です。ふと原点を思い出してハッとすることは大人でも大切です。何年やっても難しいです。
ミステル
2011/07/20 05:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都ガールズ8 最終節 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる