紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS 高槻大会 ゲーム振り返り

<<   作成日時 : 2012/11/08 06:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 思いっきり早く寝たので,思いっきり早く目覚めました。朝風呂の後ゆっくりお茶しながら,パソコンに向かえます。こういうスタイルの方が,私にとっては塩梅がいいようです。

 さて,私が参加した2日目の準々決勝黄組さんとのゲームです。1st(前半)です。

 02,35 1点目の前のIの2回の絡み。いいですね。次のプレーがしやすいように瞬時に,相手をブロックするいい角度で体を入れてます。この人の真骨頂。

 Lの2回目のフェイント。止めて出るだけの簡単なプレーです。古典的なフェイントですが,バリエーションも多い。低学年の人によく見てほしいです。Lは,次はゴールに鋭角的に切り込むためのフェイントを考えるヒントにしてください。

 Jのゴールも,またまた「ダイレクトだから入った」の典型です。いいゴールです。MVPの証しです。

 05,15 Iからのパスを受けるJ.相手DFとの隙間ぎりぎりにポジショニングしているから,受けられた。この位置にフェイクしてから入れたら超一流かな?トラップもこの時の感触を忘れないこと。

画像


 05,43 Aのシュート。いいコーナーキックからのこぼれを狙っています。一度飛び込みかけたのを,こらえてから行ってます。こういうチャレンジはいいです。相手DFラインが上がってきて,ラインの裏を取れるチャンスが増えるきっかけにもなります。

 08,53 Iのダイレクトパスを受けるJ。「腹トラップ」とベンチでも笑いが起きていましたが,映像でみると,受ける体勢がいいからできたナイスプレーです。シュートも完璧。

 11,19 相手の先制点の直前です。シュートされずにすむための守備のチャンスが3つもありました。どこか考えてみてください。相手シュートはすばらしいですが,@はポジション要チェック。


 2nd(後半)

 04,40 Jのオフサイド。あそこに走りこむのは正解。オフサイドは,ぎりぎり。ここで覚えておいてほしいのは,こんな時,副審の位置を見て走りこむこと。副審より前にいかないと,ひっかかりません。

 準決勝 橙組戦 1st

 06,42 @のキックのこぼれたところにJが寄せ,チャンスに。「これがいいプレーなんだ」と全員が共通認識できたらまた,ステップアップできますよ。

  12,40 Cシュート。シュートでよろしい。ただし,フォームチェック。こういう時のキックについてのProfessorの講義を思い出すこと。思い出せたら,変わります。

 小1時間経過。今朝はここまでです。






 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高槻大会 ゲーム振り返り 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる