紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS nanaとベッケンバウアー

<<   作成日時 : 2013/05/19 05:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 シューピーレンさん主催の馬場運動公園練習マッチシリーズです。ここは,練習スペースが端っこに取れるところがよろしい。

 さて高学年はまずまず。いつも通りの課題はそのままで,向上の兆しはまだ見えていません。しかし,長いことやっていると,若造コーチのように叱ったり焦ったりジタバタしません。「いつかできる。その時のための貯金を,今積み立ててるんや。」と思えるからです。年寄りは,こういうことが『待てる』ようになるのです。皆さん。年寄りは労わるように。

 次に,Uー10組ですが,bin,kan,tkmあたりが目立つのが常ですが,今日はちがう選手が多く目に付いたのが,嬉しかったことです。特にnanak.ゲームセンスに光るものがあります。上手くなります。間違いなく。

 ゲーム前のアップの中で,寝かしたコーン2箇所の前で『フェイント』かけてからシュートへ移行するというパターンを,Professorが設定しました。

 「リベリーノ」「マシューズ」「ユイ」あたりが多い中,なんか考えてたnanakは平然と「ベッケンバウアー」を行いました。ゆっくりだけど,正確にね。こういう子は伸びます。

 「自分にできそうだから,やってみよう。」とか「誰もしていないことをやってみよう。」と考える子は,伸びます。Familliesの皆さん。大人でも,そう考えてトライする人の方が,有能になっていくでしょう。

画像


 フランツ・ベッケンバウアー。ドイツのキャプテン。選手でも監督でも,ワールドカップ優勝した人です。『カイザー(皇帝)』が仇名です。なよっとした内股で,アウト系のタッチやキックが得意です。

 彼が子どもの頃,コーチに「コーチ。ボクはインサイドキックがうまくできません。アウトなら自由に左右蹴れます。これからも,これだけでいかしてください。」と頼んだそうです。

 言った彼も偉いし,認めたコーチも偉い。名選手は,えてして,こんな子ども時代のエピソードを持っています。

 「ベッケンバウアー」そのものは簡単です。アウトで3回ほど外へドリブルしながら1回転して,相手から逃げます。上手く嵌ると,当たられずそして華麗にフリーになれます。

 さて,最後に便利グッズを選手に配布しました。本来折りたたみ式の洗濯籠みたいなものでしょう。つつじヶ丘の優しい優しい監督さんに「これ。ええで。」と教えてもらいました。

画像


 写真はつつじヶ丘さんの様子です。これでテントの下はいつもすっきり。「コレ誰ノン!」と叫ばなくてもいいわけです。このカゴにも名前をつけなくてはなりませんね。誰かいい名前つけてください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
nanaとベッケンバウアー 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる