紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS 今回は大変面白い!Part3

<<   作成日時 : 2014/07/09 07:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ワールドカップ与太話3回目です。皆さんに紹介するという意味より,自分の覚え書きとして書く意味合いの方が大きいと思います。

「パワープレー」に走るチームが比較的少なく,いい感じです。使っても,「ゲームの流れを変えるための1手段」みたいな感じです。好感を持ちます。前回決勝戦で,オランダは,「いいサッカーを捨てて,勝つためのサッカーをなりふり構わず行い,自ら負けた。」と監督自身が言っていました。オランダはやり方を変えています。一番安定しています。優勝してほしい国は,ここです。オッサンになりましたが,カイトは好きです。ロッベンは,速いというより,ヤバいです。

画像


とにかくいいゲーム多すぎます。ロシア対アルジェリア,フランス対スイス,ドイツ対アルジェリア オランダ対コスタリカ,ブラジル対コロンビア・・・・まだまだあります。どれもいいのですが,お気に入りは,敢えてオランダ対コスタリカを挙げておきます。0-0でしたが,得点シーンなくとも許せる・・・いいや,満足させて頂いたゲームです。ファン・ハール(オランダ監督)が動かないのが「何か考えているな。」と思っていました。最後の方で,システムを変える大幅な交代をしたり,ファンペルシーが足がツッてるのに変えず,PK戦用のGKを入れるのには,唸りました。

 そのGKクルルも,特にPKが得意というわけでなく,正GKより身長や手の届く範囲が6cm広いというのが,真の理由のようです。私の以前の「闘魚ベタ」の話に行きつくのです。

画像


今回は全身白のユニフォームが大変多いと思われませんか,この習慣が返ってきたことを喜びます。本来サッカーは,ホームチームが自チーム本来のユニフォームを着,アゥエイのチームが全身白を着るのが通例でした。プレミアリーグが,イングランドリーグ1部と呼ばれた頃は,きちんと守られていました。

 それに,白は緑の芝生上では,とてもよく映える美しい白です。自然界では,白と黒は目立つ色です。水中でも視認性高いと言われています。私の嫌いなアメリカ資本のブランドも,アメリカチームに着せている白は,格好ヨロシイ。あのポロシャツ襟はエエです。

 脱線しますが,各国のユニフォームの襟は,なかなか凝っていて洒落たものが多かったです。書き出すときりがないので,これぐらいにしておきます。

 ここまで打って,準決勝ブラジル対ドイツの観戦に入りました。

 緊急特別警報発令

 「ブラジル選手及び,チーム関係者並びに,ご家族の皆さんは,直ちに命を守る行動を速やかに行ってください。」

画像


 いやあ,痛快です。私の予想,夢ががことごとく叶います。あんな弱いブラジル見たことおへん。盛者必衰の理なれの,平家物語の名文句使うのも憚られるくらい,弱かったです。こんなに予想当たって怖いくらいです。

 予想が当たったからでなく,ブラジルサポーターの大声援がプレッシャーに働くチームであることは,見抜いていました。これは,かなり確信していました。

 ブラジルサポーターが,後半ドイツに「オーレ!オーレ!」と逆応援しだしたのも,予想通りです。

 こうなった以上後の予想は,オランダがメッシを組織で押さえて勝ち上がり,南米大陸でヨーロッパ同士の決勝カードとなり,どっちが勝ってもおかしくないゲームをし,1974西ドイツ大会決勝の再現(2−1で西ドイツの勝ち)でありながら,ミスか,誤審かPKでオランダが勝つというのが結論です。夢であり,戯言であり・・・でも起きる可能性も大です。今回は本当に,どう転んでもおかしくないのです。まだまだ,続く。

 




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今回は大変面白い!Part3 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる