紫指揮部

アクセスカウンタ

zoom RSS 今回は,大変面白い! Part4

<<   作成日時 : 2014/07/11 08:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 準決勝 アルゼンチン対オランダは,私の予想と夢を砕く結果で,アルゼンチンの決勝進出となりました。別に悔しくはないです。本来,私は大のサッカーファンですから,いいサッカーをしてくれたら,どこの国でも大好きになるのです。日本を応援しないのも,それも一つの大きな理由です。

 今回は,あるやり方で大会を見ました。気づいたことや疑問に思ったことをメモしながら見ていくのです。疑問が解決したら,消していくというやりかたです。写真は,そのメモの一部です。まだまだございます。若い指導者諸君,このやり方勧めます。書くということは,意識に残るのです。視点が生まれるのです。即時即決すること多いのです。別にスマホでやってもええんです。

画像


 さて,アトランダムに箇条書きでいきます。

まずは,アルゼンチン対オランダから・・・。

・アルゼンチン選手が喪章をつけていました。往年の名選手アルフレッド・ディ・ステファノ氏が80歳で天国に召されたからです。ステファノ氏の動画はいくつか残っています。見てみるといいです。温故知新。

・結論から言うと,互いに良さを消し合ったゲームと言えます。メッシやロッベンを機能させず,チームの長所も消し合う。こういうゲームもこの辺りでは,出てきます。

・こういうゲームは,よほど守備を理解できる人でないと面白く感じません。一時期,守備が完成されてしまい,世界中が,こんなゲームばかりになった時期がありました。

・オランダはのブリントや,カイトあたりは74年の偉大なチーム(全員能力高かった。)の選手を思い起こさせます。その国らしい選手は,受け継がれるのです。

・オランダがDF陣でのサイドチェンジの後,仕掛けるパスは,本当に強い!「パーン!」(用語辞典参照)どころか「バッーーン!!」という感じです。

・アルゼンチン選手の「せまい」中でのチップパスは,精度高いです。U-10にも仕掛けていますが,そのうち誰かやり出すでしょう。

・アルゼンチンDFの戻りは速い!「撤収!」はこれくらいでないと(用語辞典参照)。

・アルゼンチンは,昔からするとずいぶんフェアになりました。(1966年のイングランド大会で,イングランド監督ラムゼーが「野獣とはつきあうな!」と試合後の握手を選手にさせなかったのは,有名です。しかし,たまに見せるプロフェッショナルファールは実にうまい。マネするといかんので,具体的には述べません。

画像


ブラジル対ドイツ。いろいろ報道されているので,あまり述べません。

・立ち上がりから,ブラジルが固いと見ました。前半5分くらいまでに,サイド攻撃のいい形からクロスという場面で,悉く北上みたいなクロスミス連発でした。「こらあかんわ」と思いました。

・クローゼは年です。トンボ返りも高さなく,着地も芸術点低いです。当たられると弱くなっています。しかし,得点に対する嗅覚は鋭いです。むしろ,老獪になり,これだけは発達しているかもしれません。

・メキシコ人レフェリーは,かなり上手く裁いていました。

・翌日のブラジルの新聞の一面を検索してみましょう。面白いですよ。恐ろしいですよ。

その他

・スパイクの話です。前回と同じく黄色のスパイクが多いのはいい傾向です。黒でないとアカンなどと野暮なことは,言いません。そして,スパイクの色は,好みの問題です。しかし,足元の色は大事です。ある程度はっきりした色の方がいいと思っています。私が履くなら赤か,黄色です。ドイツA社の縞馬模様は,いつも新しいもの作って売らなければならない戦略でしょうが,芝の上ならマァマァですが,土が主体の選手は止めておく方が賢明です。雨なんかだと,汚らしい足元になりますぞ。

 ドイツP者の左右別色(アシンメトリー)のデザインは面白いです。私も足に合うものあれば履いてみたいです。しかし,選手時代なら履かなかったと思います。私のやっていたレベルでも,相手のどっちの足に体重がかかっているかを見て,瞬間的に抜いていくというプレーは当たり前でした。相手に,その識別しやすい色をわざわざ履くこともないと思うのです。気にしない人はよろしい。しかし,これくらい,いろいろ気を使う事も大事です。

・決勝トーナメント入ってからは,リスク冒さない入り方が多いです。リーグ戦の戦い方。トーナメント戦の戦い方のちがいがよく出ていました。いくつか見つけたかい。選手諸君。

 今日は,これくらいにしておきます。多分もう1回続きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今回は,大変面白い! Part4 紫指揮部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる